観光スポット

虎瀬山(虎頭山)

景勝地歴史自然

首里城の北北東、首里赤平の北沿いに延びる標高約130mの琉球石灰岩の丘陵。頂上の岩石が虎の頭に見えたことから虎瀬山(トゥラジヤマ)、虎山(トゥラヤマ)とも表記され、遠くに海を見渡せる景勝の地として知られる。

基本情報

フリガナ
トゥラジヤマ
所在地
903-0811 沖縄県那覇市首里赤平町2-67虎瀬公園
営業時間
特になし
休日
特になし
料金
無料
駐車場
なし
アクセス
「ゆいレール」儀保駅より徒歩8分

付随情報

学術的詳細
首里城の北北東、首里赤平の北沿いに延びる標高約130mの琉球石灰岩の丘陵。頂上の岩石が虎の頭に見えたことから虎瀬山(トゥラジヤマ)、虎山(トゥラヤマ)とも表記され、遠くに海を見渡せる景勝の地として知られる。
 琉球王国時代、松の生い茂る虎瀬山には「虎瀬ヌ御殿(トゥラジヌウドゥン)」と呼ばれる小規模な別邸(創建年不明)が造られ、王家の遊覧地となっていた。虎瀬山の景観は「首里八景」の一つとして「虎山松涛」と謳われ、「松」・「月」を歌題に虎瀬山を謳った詩歌が多く残された。
 廃藩置県(1879年)の後、「虎瀬ヌ御殿」は廃され、沖縄戦(1945年)で虎瀬山の松林も焼失した。戦後丘陵の東側及び周縁部は削られ宅地化されたが、1982年(昭和57)に頂上一帯が整備され「虎瀬公園」となった。
 園内に建てられている歌人佐藤惣之助の歌碑は、1959年(昭和34)琉球大学敷地内(現首里城)に設置されたが、首里城復元にともない1992年(平成4)この地に移設された。
情報引用元
那覇市歴史博物館