観光スポット

第32軍司令部壕跡

史跡歴史

第32軍司令部壕跡は、首里城公園の地下にある地下壕跡である。

基本情報

フリガナ
ダイ32グンシレイブゴウアト
所在地
903-0816 沖縄県那覇市首里真和志町1丁目龍潭池そば
営業時間
特になし
休日
特になし
料金
無料
駐車場
なし
アクセス
ゆいレール儀保駅下車徒歩約12分、車で約5分

付随情報

学術的詳細
全長1000m以上にも及ぶコンクリートで固められた巨大な人工壕の第32軍司令部壕跡は、沖縄守備軍の戦闘指令所の跡である。
沖縄守備軍は、1944年3月に創設され当初は安里にあったが、1945年1月に首里城内に移動した。米軍上陸後、首里城は攻防戦の中心となり、壕内には軍首脳以下、約1000人が生活し、司令官室・参謀長室・作戦室・無線室の他に兵隊のベッドや炊事場、浴室にトイレまで完備されていた。
壕内は米軍の爆破による崩落が激しく現在は入り口のみ見学ができ、坑口はフェンスなどで閉鎖されているため入ることはできない。この司令部壕ではたくさんの戦死体が収容されている。