観光スポット

那覇市立壺屋焼物博物館

伝統工芸博物館・資料館史跡歴史

壺屋やちむん通りにある地域密着型の博物館。焼物の基礎知識や沖縄の焼物の歴史、壺屋焼の製法や技法などがわかりやすく説明され、壺屋の陶工達の作品も展示されている。また、博物館建設時に発見されたニシヌ窯がほぼ原位置に保存され館内に展示されている。映像シアターもあり、昔の壺屋の生活や陶工達の焼物への思いなどが大スクリーンで鑑賞できる。企画展示室では焼物に関する企画展が多数行われている。博物館裏手のニシヌメー広場には県庁建設時に発掘された湧田の平窯が展示されている。

基本情報

フリガナ
ナハシリツツボヤヤキモノハクブツカン
所在地
902-0065 沖縄県那覇市壺屋1-9-32
電話番号
098-862-3761
営業時間
10時〜18時
休日
月曜・年末年始(12/28~1/4)月曜日が休日に当たる場合は開館。
※その他、資料整理に伴う臨時休館日あり。
料金
一般350円、団体280円。(団体は20名以上)※当面の間、大学生以下無料
那覇まちま〜い参加券(参加日から1週間有効)、沖縄都市モノレールの1日フリー乗車券(有効期限内)を提示で観覧料が2割引(団体料金と同額)。
那覇市内在住65歳以上は観覧料が5割引。
※その他、各種割引もあり。
駐車場
なし
アクセス
那覇空港から「ゆいレール」に乗車。牧志駅にて下車。徒歩10分。路線バス(17番55番112番)壺屋バス停で下車。徒歩5分。
URL
http://www.edu.city.naha.okinawa.jp/tsuboya/index.html

付随情報

バリアフリー
車イス用トイレ スロープ
学術的詳細
沖縄の方言で北はニシと読む。この場所に昔ニシヌ窯と呼ばれた窯があったが大正時代に窯を崩し、大和風の宮が作られ土地の神である土帝君(トーティークン)が祀られ、「北の宮(ニシヌメー)」と名付けられた。陶工や家族だけでなく、現在は健康祈願等で拝みに他地域から来る人々もいる。
情報引用元
那覇まちま〜い、那覇市立壺屋焼物博物館HP、現地の案内板